1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8.【重要】 中小企業経営者に、足りない、2つのものとは?


こんにちは。
株式会社エル書房、出版マーケティング・マネージャー、
株式会社インプロビック専務取締役のERIC AMIKURAです。


1996年4月、私の社会人生活が、始まりました。


私が社会人で初めて、入社したのは、積水ハウスという会社です。
そのころ、既に1兆2千億くらいの売り上げがあった、大きな会社です。


私が、積水ハウス時代のことを、
頼まれて講演するときに、よく言われるのは、

「積水さんでしたら、簡単にお客さんも、集まるでしょうし、多くの情報が、集まりますね」
ということでした。 

1996年、私が入社した時には、そうでした。
しかし、今、私はそのようには、まったく考えていません。

実際、大企業も、お客さん集めに、かなり困っていますし、
最新の情報も、昔ほどは持っていないように感じます。


では、1996年から、ここ13年の間に、何が変わったのか?


その答えは、一言でいえば、
「インターネット」ということになります。

2002年8月、
私は、7年の積水ハウス勤務を終え、私のBOSS平秀信がオーナーのエルハウスに転職しました。


びっくりしました。


いきなり初日に、自分用のPCを、与えられたのです。
しかも、東芝のノートパソコンで、当時としては、最新機種でした。


平は、創業2年ほど、決してお金が有り余っていた時期では、ありません。


でも、当たり前のように、最新機種のパソコンが、
私のディスクには、置いてありました。


わずか、1日前まで働いていた、
積水ハウスでは、社員5人で一台のパソコンを、共有していたというのに・・・。
(共有が嫌で、私は、自分自身で購入したパソコンを、使っていました)

つまり、インターネットによって、
私は、大企業も、中小企業も、基本的には、変わらなくなったと、
考えています。


かえって、持っている情報は、中小企業のほうが、持っていますし
(マインドマップ、フォトリーディング、サイグラム、英単語記憶ソフトV6などは、大企業の人は、役員クラスでもしらない)、

その情報を発表する場も(ブログや、SNSなど)
中小企業の人のほうが、活用しています。


つまり、あなたが、吸収するべき、情報、コンテンツは、
そして、それを発表するための場所は、大手企業より、あなたのほうが、すでに手に入れている、
というのが私の考えです。


でも、やはり、今でも、
「大手だから、お客さんがきますよね」
といわれる。そこで真剣に考えてみました。


大企業にはあって、中小企業経営者に、足りないものは、一体なんなのか!!


その答えを、私は、「権威性」、「社会的証明」の2点だと考えました。
そして、その中小企業経営者の方が、唯一足りない、「権威性」「社会的証明」を、
一瞬で、解決するのが、あなたが出版し、著者になることだと思うのです。


※株式会社エル書房では、経営者が話すだけで、
本を出版できるシステムを提供しています。 

あなたのしゃべったことを、本にするエル書房に、一度相談してみてください。

http://www.lshobou.com/contact/
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/04/01(火) 10:20:50|
  2. 【無料】お金をもらって集客する方法

お客さんが、かわいいと思うとき


ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。

今日は、私が学生時代に
徹底的に、教授にいじめられた、社会心理学の話を
少ししたいと思います
※ 今は、いじめてもらって、本当に感謝しています

まずはじめに、
ちょっと、私が言う言葉のあとに、
つづけて、声に出して、単語をいってみてください

「タンスに●●」
「カメラは、●●●●カ・メ・ラ」










どうでしたか?

あなたが言った言葉は、ほぼ99%
この文章を読んでくれている、他の方が言った言葉と
同じだったと思います。

また、中には、身構えてしまって、
わざと、他の言葉を言ったという方も
いるかもしれません。


このように、言葉を発していないのに、
言葉を伝えることができるテクニックがあります。

一生懸命伝えようと、頑張れば頑張るほど
営業を極めて説得すれば、説得するほど、
伝わらないという現象が、世の中には、
あります


今回、
軽井沢で、合宿を行います
かなりハードな、上級者向けの合宿です

その合宿に、特別価格で3名のみご招待します。


この合宿では、NGワードがあります

そのNGワードとは、
「それは、難しくて、できません」
「●●のようなお客さんがいたとき、なんてトークしたらいいですか?」
「それは、やったけど無理でした」

このような、言葉です。

これらの言葉は、それぞれ
「それは、難しくて、できません」
→ 「それは、私にとっては、かなりチャレンジです」

「●●のようなお客さんがいたとき、なんてトークしたらいいですか?」
→ 「どのように接したらいいか考えたいので、
●●のようなお客さんがいたとき、そのお客さんは、どのようなことを
考えているか? 教えてくれますか?」

「それは、やったけど無理でした」
→ 「それは、以前の私には、高いチャレンジでした」

という言葉に書き換えないと
いけません。


つまり、
すぐに、うわっつらの答えを欲しがる、
駆け出しのセールスパーソンには、
少し受講が早い、そんなセミナーなのです。

このセミナーでは、徹底的にあなたに、
お客の気持ち、セールスの気持ちを、
体感してもらいます。

そして、人間が無意識に、行動してしまうこと
無意識に感じる感情をたくさん、体験してもらいます。


このセミナー後、
あなたは、今まで無理難題をいって、とっつきにくいと
感じていた、お客さんのことが
かわいいと、思うはずです

そして、
お客さんの成長を願い商品を販売している
セールスパーソンとして一皮むけた、
自分に気がつくはずです。


今の営業スタイルに、伸び悩みを感じている3人の方の
参加をまっています
http://www.hirahidenobu.com/eric17years/


今日も、あなたを待っている、
お客さんを喜ばせてあげてください

ではまた。

株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

追伸
また会いましょう!

何かありましたら、いつでも、
makeyouthebestsalesman@ improbic.com
まで、連絡をください。

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/04/03(木) 07:57:59|
  2. 現在

9.未来永劫会社を守るために・・・上場するか? 出版するか?

こんにちは。
株式会社エル書房、出版マーケティング・マネージャー、
株式会社インプロビック専務取締役のERIC AMIKURAです。


「社長! 上場するか? 出版するか?しましょう!」
出版セミナーの講師を、私がするとき、セミナーの休み時間に、声をかけてくださる、


オーナーさん、経営者の方に、


私が、お声掛けする言葉が、実はこれです。


私は、今、平グループ3社の責任者として、
合計9つの事業作り出し、活躍の場を得ています。


最近、中間管理職として考えるのですが、
経営というものは、自分でやったほうがかなり楽で、任せるのは本当にしんどい、
時には辛いと感じてしまう仕事かもしれません。


しかし、何も言わず、
私が提案する活躍の場を次から、次へと受け入れてくれる、
オーナーには、本当に感謝しています。


なぜなら、どんなにスキルを持っていても、


ノウハウを持っていても、それを発揮する場がなければ、つまり打席に立たせてもらえなければ、
ヒットを打つことは、絶対にできないからです。


それは、さておき、
私が、出版セミナーに来てくださった、オーナーさん、社長さんに、
なぜ、「上場するか! 出版するか! しましょう!」
というのか? 


それは、多くのオーナーさんが、ソコソコの成功を収めた段階で、
変化することを、躊躇する傾向にあるからです。

ご存じの通り、経営者が、変化することを、躊躇し始めたその瞬間から、
会社は老朽化していきます。


社員は慢心し、血がどんどん古くなって、細胞が死んでしまう、状態に陥ります。


私のBOSS、平秀信は、エルハウスが軌道にのり、次の展開をどうしようかな?
と考えたときに、

私を、ボストンに留学させました。
選択肢は、いろいろあったと思うのです。


エルハウスの二つ目の支店を出す。
とか、

社員の給料を思い切ってあげるとか、ベンツを買う?
とか、

社員を増員し売り上げ2倍を目指すとか、会社にコンサルをつける
とか・・・。


その中の一つの策として、私をボストンに留学させました。


当時32歳で、英語もできない社員に給料を払って、
見返りも期待できない中、ボストンに行かせる覚悟は、
相当なものでしょう。


もちろん、私も自費を投資し、それにこたえるために、
努力をしましたが、

そのせいで、新たな会社が生まれ、人があつまり、
組織が活性化しました。


その思いがあるので、ソコソコ成功をされた、
オーナーさんには、ぜひ、次のTRYをしてほしいのです。


そして、お金を投資することに、臆病な私がお勧めしたいのが、


支店をつくることでも、
社員を海外に出すことでも、
ベンツを買うことでもなく、
まずは、社長自ら、出版しあなた自身を活性化させることなのです。


活性化した、進化したあなたにだけ、
それに続きたい社員、弟子が、現れることでしょう。


※株式会社エル書房では、経営者が話すだけで、
本を出版できるシステムを提供しています。 

あなたのしゃべったことを、本にするエル書房に、一度相談ください。

http://www.lshobou.com/contact/



テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/04/15(火) 10:25:20|
  2. 【無料】お金をもらって集客する方法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。