1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1.<ビジネスを完結する>、<結果を必ず出す>コツと極意とは?

こんにちは。

株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。

今日も、
「ランニングから、学んだビジネスの極意」を、
書いていきましょう。


私は、今までに、
フルマラソンを、12回出場・完走、
ウルトラマラソン(100キロマラソン)を、1回出場・完走したことがある。

「自慢したい」のでは、ありません。

この「ランニングをする」という習慣は、
学生時代に、体育会スキー部の夏の練習の一環として、はじめました。

(体育会スキー部は、冬とにかく金がかかったので、夏の間は、バイトに精を出す一方、
お金のかからないトレーニングをしたい一心で始めたのが、ランニングだった・・・)


一度は、
積水ハウスへの入社をきっかけにやめたのですが、
エルハウスに転職後、復活した習慣です。

今は、走ることで、
本当にビジネスに通じる多くの学び、気づきが多くあるので、
私自身の良き習慣として、継続しているのです。


フルマラソンを12回、
ウルトラマラソンを1回ほど、完走していると、完走するコツというものが、わかってくる。

時には、体調がわるく、
「今日は、ちょっと完走は、ヤバいかも・・・」と言うときも、
このコツは大変重宝し、大いに役に立っている。

マラソンを完走するコツ、ソコソコの結果(私の場合は、3時間台での完走)を出すコツとは、
いかに、ゆっくり我慢して、走ることができるか?にある。

スタートダッシュでも、ラストスパートでもない。

マラソンの場合(一流選手を除く)どんなに、早く走っても、
42.195キロも走るわけで、必ず、どこかで足が棒のように動かなくなり、
息切れがしてしまう。


ただ、練習の時は、
10キロとか、30キロほどしか走らないので、
ついつい、練習の時のように、早く走ってしまいがちになるのである。

たとえば、
前半1~10キロ快調に飛ばすと、
必ず、不思議な事に、30キロ過ぎに、足が棒になり、動かなくなる。

マラソンを、はじめたばかりの学生のころは、
前半20キロまでは、快調。

30キロからが、地獄。
(自分より、40歳も、50歳も年上のおじいちゃんに、「若いのう・・・(前半飛ばしすぎだよ)」と、
簡単にぬかされる経験を何回もしました。

つまり、全体を考え、
早く走れる時も、力を使わずゆっくり走ること、ゆっくり走る技術が、
求められるのである。


ビジネスでも、同じことが言える。


はやり、ある分野で、成果を出すには、ある程度の距離を、
走り続けることが、必要になってくる。

決して、歩かず、飛ばしてしまって、力尽きることなく、
力まず、力を使い果たさず(燃え尽きてしまわず)ゆっくり確実に走る技術が、必要なのである。

特に、ビジネスはゴールがない。

もういいやと思ったら、そこでおしまい。
特に、中小企業の経営者は、ある意味、死ぬまでビジネスシーンは続く。

このゆっくり走ることを、選択できる技術というのは、
必要なスキルなのである。

お互い頑張りましょう!

ERIC AMIKURAは
http://www.jognote.com/top
でランニング記録を管理しています。

走りながらともに、ビジネスを日々頑張る仲間の方がいましたら、
makeyouthebestsalesman@ improbic.com
にご連絡ください

ともに頑張っていきましょう

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/01(木) 08:18:16|
  2. 【無料】500キロアイデア創出法

この大不況に、過去最高の業績を上げた男からの、魔法の手紙

こんにちは、


株式会社インプロビックの
エリック網倉です。


今日は、
景気の悪いニュースばかりに、気持が暗くなり、
この先の将来を不安に思っている方に、

そのような状況の中、
チャンスをつかみに行っている、前向きなチャレンジャーに、


平秀信の"3番弟子"から
凄い内容の魔法の手紙をもらったので、
特別に公開します。


魔法の手紙の内容は、
大不況の2008年に過去最高の業績を上げた、本当の理由とは? です

http://www.hirahidenobu.com/braindump/001.pdf


いかがですか?

尚、返信先は、株式会社インプロビック、エリック網倉の
直通のメールアドレスに、いただければ、幸いです

返信Mail: 
ericamikura@ improbic.com
(株式会社インプロビック、エリック網倉直通メール)


※内容は手紙をよく読んでください

http://www.hirahidenobu.com/braindump/001.pdf


株式会社インプロビック
専務取締役
エリック網倉


追伸
今日も、ビジネスを通し、あなたのクライアントさんを、
幸せにして差し上げてください

お互いがんばりましょう。

追伸2
何か、ありましたら、いつでもご連絡ください
お役に立てれば、幸いです
ericamikura@ improbic.com

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/23(金) 13:04:41|
  2. 現在

不況期に、過去最高になる方法


いつも、ありがとうございます。
株式会社インプロビック、専務取締役、
ERIC AMIKURAです。


今回は、
私のBOSS、平秀信の経営する工務店、
株式会社エルハウスの、

過去最高の売上、過去最高の利益の秘密について、
お話しようと、思います

エルハウスは、
社員12人で、13億円を、コンスタントに、
創業以来ずっと売りあげている、

とても、
安定した経営をしている、工務店です。


売上の核になる、販売の全てを担当する営業は、
常時、3人。

あるいは、4人。


現在は、
3人の営業が、販売活動をしています。

この営業が、
常時24棟~30棟契約することで、

常時この数字を、
叩きだせるマーケティングを行うことで、

営業が、
効率よくお客さんに満足する家を、提案することで、
安定した経営を行っていた、工務店なのです。


実は、エルハウスが、
過去最高の売上、利益率を上げたのは、
2004年でした。

とても、興味深いのは、
この2004年に、エルハウスの営業は、
二人だけだったと、言うことです。


というのも、
このとき、私は、アメリカの東海岸、ボストンに
留学させてもらい、マーケティング、セールスを、
学び直していた、時期でした。

ですから、この年、
私は、エルハウスで、営業をしていなかったので、
2004年は、エルハウスの営業は、
二人だったのです。


つまり、
2004年は、エルハウスの営業は、
一人、35棟、39棟という
(実に、一人平均、過去の営業の1.5倍の契約を取ったのです)

毎年の倍のペースで、契約を上げていったことに、
なります

では、なぜ、2004年に、
・営業の数が減ったにも、かかわらず
・営業が、1.5倍の実績をあげ
・お客さんの満足度が、倍増し

過去最高の売上になったのか?

その秘密は、一言で言うと、
営業と、お客さんとの、信頼関係が自動的に
作りあげられる、仕組にあったのですが、

その信頼関係の秘密に、ついては、
次回、詳しく、お話したいと思います

お役にたてれば、幸いです

それでは、
今日も、まだ、少し時間があります。

あなたを待っているお客さんを幸せに
してあげてください


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/24(土) 08:01:58|
  2. 【無料】1日4時間3倍 セールス編

1.ビジネスに、逃げるな

こんにちは。

株式会社インプロビック、新コミュクラブ編集長の
ERIC AMIKURAです。


先日、めずらしく、あるクライアントさんの愚痴を、
聞きました。


「俺は、20年も、家族や社員のために、仕事をしてきた」
「でも、家族や、社員は、そのことを何も、わかってくれない。」
そのような、話だったような気がします。


気がしますというのは、途中から、アイデアがふつふつとわいてきて、
頭の中がぐるぐるしはじめ、

その社長さんの話が、頭の中に入ってこなくなったからです。


では、会話中、
どのようなことを、考えていたのかというと、
おおむね次の通りです。


「この社長は、本当に、家族や社員のために、ビジネスをしていたのだろうか?」

「本当は、家族や社員と関わることが、しんどくて、ビジネスに逃げていただけじゃないか」

「それを今さら、家族や社員のためといわれても、言われたほうもしんどいだろうな・・・」


このようなことを、途中から考え出したら、
目の前の社長の話が、聞こえなくなったのでした。


コミュニケーションクラブでは、今までに、
多くのコミュニケーションにかかわるスキルを、
提供してきました。


しかし、多くの方に、成果があったのか?と、考えると
、胸をはって「YES」といえる、状況ではないと、
思うようになりました。

コミュニケーションを学んでいただいても、学んだだけで、
実際に、家族と、社員とコミュニケーションを、とらなければならない時に、

「忙しいから・・・」と、忙しさに逃げたり
「月末で契約があるから」と、売上に逃げたり

「仕事があるから」と、仕事に逃げたりしている方が多い、
向き合っていない方が多いことに気づきました。


「仕事に逃げたりしていませんか?」


もちろん、仕事をせずに、遊びに逃げるのも、
よくありませんが、

この「ビジネスに逃げるな! 異次元コミュ論」では、
私、ERIC AMIKURAが、自戒の意味も込めて、日々、コミュニケーションを実践することで、
得ることができた、気づき、ノウハウ、スキルを、
ビジネスに活用できないか?という観点で、お伝えしていきます。

まあ、そう言っても、ここに書いている内容には、
耳の痛いオーナーさんや経営者の方も、いるかもしれませんが、

私自身に言い聞かせているつもりで、「自己説得」しながら、書きますので、
辛口もご勘弁ください。


ともに、成長していきましょう!ではまた。

 
株式会社インプロビック
新コミュクラブ 編集長
ERIC AMIKURA

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/24(土) 17:20:25|
  2. 【無料】ビジネスに逃げるな・コミュ

株式会社インプロビック 専務取締役 ETIC AMIKURA のやり方


いつも、ありがとうございます。
株式会社インプロビック、専務取締役、
ERIC AMIKURAです。

二回にわたって、「お客さんと信頼関係を結ぶ極意」を
お伝えしてきました。

情報を発信することで、お客さんはあなたを信頼し、
あなたのファンになります。

ぜひ、TRYして、
お客さんを、幸せにしてあげてください

そして、
それ以上の売上をというプレゼントを
あなたは、受けとって下さい

・私が、どのようなお役立ち情報を、お客さんにだしたのか?
・どのような考え方で、お客さんと、接しているのか?
・なぜ、お客さんから、追いかけられていたのか?
・なぜ、ご信頼いただき、初回面談で契約の約束をいただいたのか?

などなど、私のやり方を参考に、したい方は、
東京、大阪のアンコールを、ご紹介します

お役にたてれば、うれしいです
http://www.hirahidenobu.com/secretsales/


それでは、
今日も、あなたを待っているお客さんを幸せに
してあげてください


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

追伸
私のやり方は、ぜひ、セールスが苦手、
セールスはできるけど、部下に教えられない(マーケティングが苦手)
部下にセールスを教えられるけど、自分の右腕を作れない(マネジメントが苦手)
という方に、

特に、お役に立てればと思います
http://www.hirahidenobu.com/secretsales/

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/26(月) 08:55:25|
  2. 現在

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。