1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結果を出し続けるビジネスパーソンと一発屋、その違いとは?


いつも、ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。


今日は、
結果を出し続けるビジネスパーソン、一発屋で終わるビジネスパーソンの違い
の話をしたいと思います。

私が、働いている、

・株式会社インプロビック、
・株式会社エル書房、
・株式会社輝点。

では、
現在、私を含め、8名のビジネスパーソンが、
働いています。


グループ会社では、1リーダー1事業部制を、敷いていますので
(彼らは、必ず何らかの事業部のリーダーを、自らの内発的動機でしなければならない)

8名は、必ず、何らかのリーダーとして、
働いています。


いつかは、まるで、芸能界でいうと、SMAPのように、
・チームでもいける、
・個人でもいける、
・メンバーのだれと組んでも、いける(面白い化学反応を起こす)

そのようなチームメンバーに、なったらいいなと、
各メンバーたちは、話し合っているようですし、


私も、
そのようになったら、「楽しいな」と思います。


事業部には、

・平秀信セミナープロデュース事業部
・PPC広告研究室
・出版集客・経営者支援事業部
・口コミ集客研究室

・平秀信教材事業部
・TOPビジネスパーソンクリニック事業部
・210×297集客・セールス研究室

・英語ビジネス事業部
・サイグラム事業部
・出版社育成事業部

・地域活性化集客支援事業部
・あつめ~る事業部


などなど、

チームメンバーの数からすると、
かなり、たくさんの事業部が、あります。


その中には、


・稼いでいる事業部、
・これから稼いでいくことが期待される事業部、
・もしかしたら、導入期で終わってしまうかもしれない事業部、
・「これは、アカンかな」と思いながらも、メンバーを次のステップに行かせるために、
経験、体験させている事業部など、


まだ、事業部とは言えないものも含めると、
かなりの数の事業部、事業部の卵が、存在しています


「これは、アカンかな」と思いながらも、
特に、若いメンバーの方には、


たくさんTRYしてもらって、


失敗しても会社に損害が、発生しないように、
失敗をさせながら、成長していただく仕組みが、できつつあるのかなと、
考えています。


さて、今日は、
「結果を出し続けるビジネスパーソン、一発屋で終わるビジネスパーソンの違い」


の話なのですが、
メンバーに、各事業部のリーダーをしてもらっていると、


ほっておいても、成果を出し続けるだろうなと思われる人と、
少し、アドバイスをしたりしないと、一発屋で終わりそうな人が、います。


その違いは、何か?


>>>その違いは、「知識」ではありません。
その違いは、彼らが持っている知識では、ありません。

彼らは、ほぼビジネスを立ち上げて行くための
ゼロから富を生み出していくための

集客術
セールス術
の「知識」は、持っているのです。


しかし、同じ知識を持っているのに、


・いつも、お客さんを集めることができたり、
・いつも、セールスで、商品・サービスを販売することができたり
する人もいれば、

できない人もいる。

つまり、あなたが、持っている「知識」については、
あまり、関係ない時代が、来ているのです。


あなたが、持っている「知識」だけでは、
勝負できない時代になってきている事を、意味します。



これは、インターネットを使って、
ビジネス以外の日常生活の話題に、置き換えて
説明することも、できるます。



たとえば、
小学校5年生の少し「おませな女の子」が、
インターネットで、

「恋愛体験」と検索ワードを入れて、
20代前半の女性の恋愛の悩みについて、情報を仕入れたとします。


「あ~。大人の女性は、こんな事を言うのね・・・」
と、恋愛に関する情報を仕入れたとします。


そして、あなたの前にやってきて・・・
「恋愛している女性の気持ちって、なかなか若い男性には、わからないものなのよね」
と言ったとします。


あなたは、どのように感じるでしょうか?


ちょっとここで、協力していただいて、イメージしてほしいのですが、
あなたは、きっと、

その小学校5年生の少し「おませな女の子」の言った
「恋愛している女性の気持ちって、なかなか若い男性には、わからないものなのよね」

という言葉に、違和感を覚えると思います。

「こいつ、わかっていないな・・・」
と感じるかもしれません。


しかし、もし、


それと同じ言葉を、40歳で恋愛経験豊富な、女性が言ったとしたら、
どうでしょうか?

おそらく、
「そんなんだよね。よくわかっているわ・・・」
と、思うでしょう。


では、「知識」ではなく、何か?
何が重要か?



そこでKEYWORDになるのは、何か? というと、
「体験」や「経験」です。


「体験」や「経験」が重要になってくると、
考えているのです。


私たちが、少しおませな小学校5年生の女の子の発言に、
かなり違和感を感じたのは、

その女の子の言葉の裏にある、
「体験」や「経験」をイメージできなかったからだと、思います。



つまり、インターネットが、法人はもちろん、一般消費者にも、
これだけ普及した世の中では、

あなたが「知識」だけを、追いかけていると、
いつまでたっても、

お客さんが本当にみている部分、

つまり、あなたのその知識の裏にある
「経験」や「体験」を獲得できないという、危険性があるかもしれません。


ですから、
私は、メンバーが、

失敗から、「経験」、「体験」を獲得できているか?
をチェックします。


「技術に、心が付いてきたとき、プロとして一流になる」
「体力も技術もあるけど、心が足りない」

体や技術だけでは、成功は難しくて、
心も一緒に成長しないと、厳しいよ

というような、
このような言葉は、スポーツ選手などの言葉ですが、


同様に、ビジネスパーソンも、


「知識」だけでは、通用しにくく
それを裏付ける「経験」や「体験」が、本当にまったなしで、
必要な時代になってきている事を、ひしひしと感じます。



そして、もっというと、


経営者の方、経営幹部の方は、
チームメンバーが、持っている知識の裏にある

「体験」や「経験」を、してみたいと、
内発的動機で思うように、支援することが、必要になってくると思います。


先日、ある経営者の方から、
最近の社員は、「体験」や「経験」をしたがらない。

「失敗」をしたがらないのなら、わかるけど、
「成功」の体験も、したがらないから、困ってしまう

という、相談を頂きました。


知識はあるけど、行動しないから
いつまで経っても、「経験」、「体験」が蓄積されず、

「ちょっとした壁、ちょっとした障害があると、
すぐに、あきらめてしまう」
というのです。 
 
確かに、そうかもしれません。


しかし、このようなメンバーにも、
先達の「体験」や「経験」の共有があれば、


今より、
もっと内発的動機で、仕事にTRYし、「経験」や「体験」を
つかむことができるのではないか? と、考えています。


このあたりを、仕組化できれば、
多くのビジネスパーソンが、もっと、今より輝くことができるのではない?

と考えています。
 
 
私たち、メンバーが、日々それぞれの事業部で

どのような実践をし、
どのような失敗をし、悔しがり
どのような成功を喜び、自信にし、

日々、ビジネスをしているのか?
  
このようなことが、実況中継で、あなたにも、
お伝えすることができれば、


もっと、多くの、
「経験」や「体験」に裏打ちされた、知識をもつ
お客さんに必要とされる
 
ビジネスパーソンが出てくるのではないか?
と考えています。

 
ともに、頑張っていきましょう。


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA



追伸

今の世の中は、ほぼ、全ての情報は、インターネットで、
獲得することができます。

だから、あなたが望めば、
どんな情報でも、知識でも、
あなたは、今すぐ、手に入れることができます。


私が持っている「マーケティング」、「セールス」、「マネジメント」知識も、
例外ではありません。

私が言っている事の全ては、他の誰かが、
言っている事です。


このような知識を、インターネット上で探せば、


あなたは、今すぐ、
これらを、手に入れることができるでしょう


たとえば、私は、
住宅会社の経営者の方、工務店の経営者の方や、
保険会社、リフォーム、旅館業や旅行業、車検整備業、歯医者、司法書士、行政書士、

など、多くの経営者の方から、

「うちの営業マンを、TOPセールスにして下さい」
という、ご依頼を受けることがあります。
 
 
なかなか時間が取れないため、
私が、信頼できる経営者の方には、

今まで私が行ってきた、
全ての集客方法やセールス方法を、プリントアウトし
お送りするケースも、あります。

 
しかし、そのテクニック、スキル、ノウハウだけでは
彼ら営業マンが、TOPセールスになってくれない事が、多いのです

 
ところが、
後日、私が、お邪魔したときには、
その状況が一変することがあります。

もう、彼らは、
私のセールスのやり方、ノウハウ、スキル、テクニックを
全て知っているので、
 
情報的には、もう、十分なわけです。
 
ただ情報を伝えに行くだけでは、
私は、行く必要が、ありません。
 
 
しかし、行くと、状況が一変することがある。
この状況が一変する理由も、私がもっている「経験」や「体験」に
あることが多いです。
 

多くの経営者は、営業マンの売れない理由を
その営業マンのセールススキルのなさに置きます。
 
しかし、私の経験、体験からすると、
セールスマンの売れない理由が、セールススキルの不足である場合は、
わずかです。
 
 
たとえば、
「売らないことによって、会社に対する不満をアピールしたり」
「売らないことによって、会社がドンドン成長することを阻止したり」
しているケースもあるのです
 
これは、会社の状況を詳しく、聞いてみないと
わかりません。
 
もし、このような場合、
どんなに、セールスノウハウ、テクニックを教えても、実践させても、
無意味なケースが、ほとんどです

根本(売らない目的)から変えないと、
どうしようもないのです。


そのことからも、わかるように、

また、そういう意味では、その知識に、裏付けられる
「体験」があるか、「経験」があるかで、私の価値が決まってくる。

 
そんな時代になっています。


多くの人は、知識はもう十分です
それを、裏付ける「経験」と「体験」を獲得していきましょう
 
ということで、
30代の方は、今日も18時にその「経験」と「体験」を
獲得するために、会社をでましょう。

私も、会社を出ます。

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/01/15(金) 11:32:14|
  2. 現在

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。