1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ、評論家に徹し、批判を繰り返すと損なのか?

いつも、ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。


******************************
「成功率99%、ダメサラリーマンを作る、7つの悪習慣」

【悪習慣2】 評論家に徹し、批判を繰り返そう!
******************************

とお話しました。


でも、
なぜ、「批判」することが、サラリーマンをダメにする、
悪習慣なのでしょうか?


私は、「批判」することは、
損というか、割にあわないと考えています。


人が、「批判」したくなるのは、
だいたい相場は決まっています。


ものの本によると、
人がだれかを批判するときは、どんな時かというと、

・批判する人物に、ねたみ心があるとき、
・コンプレックスを、隠したいとき、

・勝てそうにない人に挑む時、
・支配力を誇示したいとき、

・不満がたまっている時、
・イライラしている時、


ということが書いてありますし、

過去の私自身の行いを思い返してみても、
かなり、このような情けない理由で、批判というものはするようです。


悲しいかな、私自身も、経験済、失敗済なのが、
「評論家に徹し、批判する」ということです。



それに、批判すると、疲れます。



つまり、
「俺は、コンプレックスがあるんだぞ」
「俺は、不満だらけの人生を送ってるんだぞ」
「俺は、お前には勝てないぞ」
「俺は、コンプレックスの塊だ」

と、相手や周囲の人に、にかなり情けない状態を
さらした揚句、

批判した相手との関係は壊れて、
下手すると、今まで築き上げてきたものを崩してしまう
可能性が、あるのです。



しかも、なんて言っても、かなり疲れる



とにかく、「評論家に徹し、批判する」ことは、
割に合わないわけです。


私は、
「一日4時間で、3倍の成果をあげること」を、
目標としています。


そのために、どんな努力も惜しみません。

しかし、こんなみじめな思いをして、しかも疲れる。
勘弁してほしいというのが、正直なところです。


だから、やはり、
「他人のせい」にすることは、サラリーマンをダメにする、
悪習慣だと思うのです。


参考にしてもらえれば、嬉しいです
 

株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

【悪習慣3】
http://ericamikura.blog109.fc2.com/blog-entry-124.html

***************************
 ERIC AMIKURA 最新コンテンツ
http://www.amikurahiroshi.com/77/letter.php
***************************
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/01/20(水) 10:49:39|
  2. 【成功率99%】 7つの悪習慣

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。