1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毎日、石油を飲んでいただけなのです

いつも、ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。


昨日は、
イチローさんの話を、聞いていただいて、
ありがとうございました。


本当に、たくさんの方が、一生懸命、日々頑張っている
努力を重ねている、ことが、分かりましたので、
安心しました。


頑張っている人は、きっと大丈夫です。
必ず、すぐに成果は、結果としてあらわれます。

安心してください。


以下は、
私たちの仲間である、
株式会社エル書房の社員のF君です。


彼も、ただ、今まで石油を飲まされていただけなのです。
きっと、彼と同じように、すぐに結果が出るはずです。

まずは、彼からのメッセージを、お読みください。



*********************************************************


Rookie『F』です。

私が、「29歳、ビジネス経験はわずか、営業経験なし、内気で、
人まえで話すことも苦手という、若者」です。


私は29歳までは、
はたらいているような、はたらいていないような暮らしをしていて、

あっちふらふら、こっちふらふら、
気がついたら30歳間近の29歳になっていました。


今までは自分の未来を真剣に描くこともせずに、
「なんとかなるだろう」という気持ちで生きてきました。


2~3ヶ月先の暮らしが見えていれば、
それで十分満足でした。


収入も、「とりあえず食えればいいよ」と思っていました。


「日本で餓死することはない」と思い、
「困ったらバイトでも派遣でも何でも仕事すればいい」と考えていました。


将来は、なるようにしかならない、
そうやって考えていました。

そのように考えていましたが、
学生時代の友人たちが結婚をして、子供を授かり家庭を築いていく。


彼らは会社では着実に経験を重ね、
会社では7年目、8年目と中堅になり、部下を指導する立場になっていく。


年収だって、あがっていく。


たまに会って話していても、
彼らの話題は「家族」と「仕事」。


部下をもったことなんてない私には、
彼らの話しに共感できません。


結婚してない私には、
「家族」の話しも表面的な共感しかできません。


そもそも真剣に仕事に取り組んだことの無い私には、
彼らと同じ感覚をもつことすらできません。


そして彼らは、当たり前のように、
10年後、20年後の話をしています。


「こんな時代だから、先がどうなるかわからない。」
「でも、今やることやっていかないと、絶対にやばい時代がきてる。」

「うちの会社も今はまだいいけど、デカイ外資が入ってきたら、
5~6年でシェア食われて、ピンチになるかもしれない。」
「だから、今から準備をしておかないと。」

当たり前のように、こんな話をしているわけです。


そしてお勘定は、当たり前のようにおごってくれる。

「あ、いいよ、俺のほうが稼いでるじゃん(笑)」
なんて笑顔で気を遣ってくれます。


家族があって、子供がいて、お金がかかるのは
彼らにちがいないわけです。

それでも彼らはおごってくれる。


これっていいのかな?
これって自分が望んでた状況なのかな?
ずっとこのままでいいのかな、おれは。


決して彼らは、私の暮らしを否定しないし、
むしろ私の存在を快く認めてくれる。


ご馳走してもらうのも、
別にいやなわけではありません。


ですが、大きな違和感と、不安。


「今のままじゃ絶対まずい」
「あいつらと友達でいることさえ許されないかもしれない」

「そもそも、こんな何にもない自分のまま年をとったらどうなるんだ?」
「いつまで、ふらふらしていけるのか?」

「今の自分で、本当に満足してるのか?」


そう思いはじめた私は、
自分が成長できる「場所」を探しはじめました。


友人たちが、7~8年前にやっていた「就活」です。
彼らが22歳のころに、考え、
行動していたことを、私もやっとスタートさせたわけです。



かんたんに、この時間が生んだ「差」を埋めることは
できるはずがありません。

自分が特別あたまが良いわけでもなく、
誰かがお金を払ってくれるような特殊な技術を身につけていないことも、
とっくのとうに気がついています。


そんな自分が、この社会で生きていき、
胸を張って、人間関係をつくっていく自分になるにはどうすればいい?

友人が話していたように、
「いつ自分がはたらく会社がつぶれてもおかしくない時代」に、
生き抜いていく力とは何だろう?


ひとつの会社にしがみつき、何とか社内でうまく立ち回り、
生き残ることじゃない。

もしも会社がなくなってしまったとしても、
自分の力で生きていける実力を養っていくこと。


そして、ちゃんと誰かの役に立っていくこと。
そうやって、自分が生きてるってことをもっと感じたい。


こんな考えを巡らせながら行動した結果、
私は鬼軍曹 ERIC AMIKURAと出会いました。

そして、自分を鍛える場を与えてもらうことになりました。


何の能力もなく、才能も無く、ふらふらし続けていた29歳が、
この社会で、生き抜いていく力を身につけるチャンスを、
手に入れたのです。


ビジネスパーソンとして、ゼロからのスタート。
そしてこのゼロの状態から、自分の力で生き抜く力をもつ
ビジネスパーソンへと成長していきます。


このプロジェクトがスタートして、2ヶ月半。
私は自分の無能さに日々驚いています。


鬼軍曹は、私以上に驚いているかもしれません。


ですが同時に、小さな成長が、
自分の中で連続して起こっています。


仕事に向かう意識や姿勢。
仕事の進め方。

どこまで先を見て仕事をするのか。
目の前の人の、本当に言いたいことをどう察知してあげるのか。

自分の言いたいことをピンポイントで伝えるには、
どう考えればいいのか。


鬼軍曹のアドバイスにより、私は確実に成長をしています。


そのスピードは、
今はまだ僅かですが、少しずつ加速がついてきているように
感じています。


できなかったことができるようになり、
知らなかった知識を習得していく。

やったことが、すぐに結果として現れてきてくれるほど、
あまいものではありませんが、

ここではエキサイティングに自分の成長を楽しむことができる
「材料」がすべてそろっています。


先生・仲間・教材・実践の場・そして意欲。


私は、
ここで成長できなければ、どこに行っても変われないのではないか、
そう考えています。

これを読んでいるあなたにも、
何かしら自分の能力や自分自身に、不満や不安があることと思います。


この文章を読んでいるくらいですから。


その不満や不安と真剣に向き合って、
新しい自分をつくりあげていくことは、
とても価値があることだと私は思います。


わたしは、刺激し合える仲間を求めています。

私ひとりでは、辿り着けないところに行くためには、
絶対に仲間が必要です。


この社会で、自分ひとりでも生き抜く力を手に入れるため、
自分を変化させるトレーニングを積んでいくこと。

この楽しくもあり、厳しいトレーニングに挑むかたと
一緒に自分を鍛えていけることを楽しみにしています。


それではまた、SNSでお会いしましょう。


Rookie『F』



***************************

サラリーマンが生き抜く力を獲得するプロジェクト
http://www.improbic.net/lshobou/livepj/personal.html

お役にたてればうれしいです。


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

追伸
毎日、石油を飲み続けていたら、体が悪くなります。

心も体と一緒です。

同様に、毎日、どんなにあなたが、一生懸命努力しても、
毎日、必要のない情報を、浴びていたら、
あなたの努力を発揮する心が、育っていきません。

一生懸命やっている人は、安心してください。
きっと結果がでるはずです。

あなたに必要な、仲間、先生、情報源がここには、あります。

結果を出すことができる、環境で、思う存分、遠慮することなく、
力を発揮してください

ともに活躍していきましょう
http://www.improbic.net/lshobou/livepj/personal.html

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/01/26(火) 06:55:00|
  2. 【成功率99%】 7つの悪習慣

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。