1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「男と女」 「夫と妻」

いつも、情報をビジネス、日常生活に活用いただき、
本当に、ありがとうございます。


株式会社インプロビック、新コミュクラブ編集長、
ERIC AMIKURAです。



先日、編集長への就任のご挨拶を、
させていただきました。


数人の方から、
「期待しています」とのご連絡を頂きました。


この場をお借りして、御礼申し上げます。
ありがとうございます


さて、2010年の最初の、、
新コミュクラブでのテーマが、決まりました。


それは、
「男と女」、「夫と妻」についてです
まずは、この関係性から、やっていきたいと思います。
 

なぜ、「男と女」、「夫と妻」を取り上げたのか?


取り上げた理由は、

・多くの方が、関心のある「話題」であること、
・男は、女がわからなく、女は男が分からないと予想されること
※ちなみに、私もその事は実感しています
・男が、仕事を言い訳に、女とのコミュニケーションから逃げる傾向にあること


それらの理由から、

新コミュクラブでは、
「男と女」 「夫と妻」のコミュニケーションについて、
まずは、取り上げたいと思います。


この新コミュクラブを読んでくださっているあなたが、
経営者の方、経営幹部の方であれば、

多くのお客さん、多くの社員の方が悩まれている問題です
ぜひ、ご協力いただければと思います



そこで、まずは、体感いただくため、


以下のようなアンケートを、
作成してみました。

あなたの点数は、どのくらいでしょうか?

異性のパートナーとの、
コミュニケーションについてのアンケートに、


あなたご自身で、
お答えになられてみてください。

社員さん、お客さんに、やっていただく前に、
体感していただければと思いますので、

もし、お時間がありましたら、あなた自身、そして、あなたパートナーの方にも、
同じ質問に、答えていただいて下さい。


1.パートナーとは、しっかりとコミュニケーションを取っているほうだ。(YES or NO)

2.パートナーは、私の考えていることを、わかってくれている。(YES or NO)

3.パートナーには、言いたい事ははっきり言うタイプだ。(YES or NO)

4.家族サービス(仕事への協力)は、徹底的にやってきた(YES or NO)

5.年老いたら、パートナーと一緒に、仲良く過ごしたいと言い合っている(YES or NO)

(YESは、3点。NOは、1点)


あなたは、「YES」が多かったでしょうか?
「NO」が多かったでしょうか?

最後まで、お読みいただき、本当にありがとうございます。

 
株式会社インプロビック
新コミュクラブ 編集長
ERIC AMIKURA


<重要>

「新コミュクラブ」では、今までタブーと、
私たちが考えていた、

「コミュニケーションスキル不足から生じるさまざまな問題」に、
取り組んでいきます。


「夫と妻の衝撃告白 生と墓」
「子どもと親の完全性格不一致」
「社長と社員の会社内別居」
などなど、今後とも、よろしくお願いします。

新コミュクラブ 編集長 ERIC AMIKURA
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/01/22(金) 08:17:51|
  2. (新)コミュクラブ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。