1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

19.20代は、24時間365日セールスをしろ


ありがとうございます。

ERIC AMIKURAです。

私は、住宅セールスマンに
「20代は、24時間365日働け」
「30代になったら、18時に会社をでろ」
「40代になったら、会社にお越しにならないでください」
と、常々、お勧めしています。

******************
今日は、
20代は、なぜ24時間、365日
働かなければ、ならないのか?について、
お話しましょう。
******************

私は、23歳から、30歳まで
積水ハウス株式会社で、働いていました。

20代前半で、住宅を販売するのは、
本当にしんどいですね。

20代のセールスマンには、
・住宅の知識もないですし
・資金計画も下手ですし
・自分で住宅建築の経験がないですし
・間取りも、幼い間取りですし
・建築いただいた、オーナーさんもいないですし

そんな20代の住宅セールスマンが
百戦錬磨のベテランセールス、

TOPセールスに打ち勝っていくのは
本当に大変だと思います

ある、ベテラン営業マンがいいました。

俺は、ほとんど競合で負けたことはないけど
負けた経験があるのは、

若くて、何度でも、何度でも
食い下がって、お客さんのところに、通う営業だ
「一番ベテランが負けるパターンが、それだな」

何度も、何度も通うことを
決して進めているわけでは、ありません

しかし、
20代の営業が、伸していくには、
30代のセールスや40代のセールスにはない

・さわやかさだったり
・情熱だったり
・まめさだったり
・熱心さだったり

そんなものが必要なのだと思います

さわやかさ、情熱、まめさ、熱心さ
をお客さんにわかってもらうには、
時間がやはり必要なのです。

ですから、
20代は、24時間365日
ポジティブに、

時間を使いながら、自分のスキルを
あげる努力をしなければなりません。
 
気をつけて欲しいのは、
24時間を決してネガティブには
使わないこと

・上司に嘘の見込み客を報告するための
名簿を作成するのに、時間をつかったり

・会議で怒られるのが嫌だと、うつむき悩むことに
時間を使ったり

・契約できるか? 出来ないか?はっきりしない
お客さんと、ダラダラすごしたり

・なんとなく、忙しいフリをするために、
車でドライブしたり

そのようなことに、大切な時間を使って
欲しくないのです

今日は、ここまでにしましょう

では、夜寝ている間も、どのように
時間を使うのでしょうか?

そのことは、また、
お話しましょう。

株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA


追伸
なぜ、7時間、でもなく、6時間でもなく
1日、4時間なのか?

それは、
中途半端な目標設定では、
やり方が変わらないからです。

今まで、毎日14時間かかって、
年間24棟取れている人が
毎日12時間に仕事の時間を減らそうと考えても、
仕事の内容は、変わりません

4時間でやると、決めたとき、
仕事の根本的なところ、
考え方の根本的なところを、変えないと
無理だということに気がつき、
行動するように、なるのです。
 
追伸2
仮に、
あなたが10キロを1時間で走ることが
できる、ランナーとしましょう。

10キロを50分で走るには?
10キロを40分で走るには?
と考えているだけでは、
トレーニングを多くするなど、普通の考えしか
浮かんできません

10キロを10分で走るには?
と考えて初めて、車で移動すればどうか?
自転車では、どうか?
などと、いう新しい発想が浮かんでくるのです
 
4時間で年間24棟は、不可能ですか?
私は、あなたにも、可能な数字だと思います

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2005/01/10(月) 09:51:59|
  2. 【無料】1日4時間3倍 セールス編

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。