1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】 今すぐ、社員の給料を下げなさい

いつも、ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。

今日も、
あなたのことを待っているお客さんを、
輝かせていますか?

さて、先日、新聞社の方から、ご依頼いただき
新聞記事にするための取材を、受けさせていただきました。

約二時間の取材だったのですが、
取材いただいた、村上記者から、

「今すぐ社員の給料を下げなさい」
という、網倉さんの主張は、とても斬新的でした。
楽しかったですという、ご感想をいただきました。

取材でお話したことは、
私自身は、常日頃、実践していることなのですが、

改めて、初対面の方から、そのように言われると、
「そうか、世の中の中小企業の経営者の方は、そのようなことで、
悩まれていらっしゃる方も、多いのか・・・」

と、新しい気づきなども、あり、とても勉強になる
有意義な、時間でした。

もし、あなたが社員さんならば、
「社員の給料を下げろなんて、お前は、なんてことを言うんだ」
と、ご立腹されるかもしれません。

が、しかし、私自身も、社員ですから、
現役の社員として、

同じ仲間の社員の方が、
不利になるような、社員の方が浮かばれないような
主張をしません。

そして、私自身も、
「給料を下げてください」
と言ったことが、実際に今までに3回ほど、
あるのです。

実は、私の考えでは、
世の中で、サラリーマンとして働いている、90%の社員は、
ご自身の実力以上の給料を、会社からもらっており、

つまり、もらいすぎており、

あなたの給料を、
まずは、社長にお願いして、下げてもらった方が、
長い目で見て、

あなたの成長を約束し、
より多くの活躍の場を創造し、

結果的には、あなたの給料が上がらざるを得ない
「天使のサイクル」へと導くのです

だから、社員の給料を、今すぐ下げることは、
経営者にも、社員にも、WIN-WINとなる
提案なのです。

興味があり、新聞記事を読んでみたいと、おっしゃっていただける方のために、
株式会社インプロビックの西川直輝君が、記事を以下にアップしてくれました

もし、ご興味ある方は、お読みいただければ、
お役に立てると思います

http://www.amikurahiroshi.com/news/


お役に立てば、幸いです

それでは、今日も、お客さんを、
輝かせていきましょう

株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

追伸
そして、本を読んでみたいと言う方のために、
アマゾンキャンペーンの裏ページを、以下にアップしました。

この裏ページでは、
キャンペーン中の特典が、受けられますので、
ご活用いただければ、幸いです

お役に立てれば幸いです

https://www.improbic.net/con/shikumi_amazon/index.html

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/10/16(金) 08:00:23|
  2. 【無料】77の方法・給料を上げる

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。