1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6.なぜ、BOSSは、私に2000万円、投資したのか?


こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


2002年8月1日。


この日は、私の第2の社会人生活のスタートの日でした。
7年間勤務した、積水ハウスを退職し、平秀信グループに、転職した日、
まさにその日なのです。

その後、私は、住宅営業をしながら、
本を書いたり、セールスセミナーをしたり、ノウハウを作ったり、

営業さんをサポートする仕組みをつくったりして、2004年3月27日に、
オーナーである平夫妻から、1年間のボストン留学を打診され、


その場で「お願いします」と、即答しました。


この話を、サラリーマンの方にすると、
「ERICさんは、いいですよね。

平夫妻に、ボストン留学をプレゼントされて・・・」
とおっしゃる、方が非常に多いのですが・・・


しかしもし、あなたがサラリーマンで、
このような思考がある場合は、非常に危険だと思います。

なぜなら、このような人は、なぜ、平夫妻が、
私にボストン留学を投資したのか?ということを、考えないからです。


「なぜ、ボストン留学を、投資したのか?」
という視点で、物事を考えないと、何も気がつくことはできないし、
いつまでたっても、あなたは、あなたのBOSSに、投資してもらえません。


なぜ、平夫妻が、私に投資したのか?


私が、かわいかったからか? お世辞を言う人間だったからか? 
答えは、いずれも「NO」です。

そんなわけない!では、なぜ投資したのか?

「投資したら、その分稼いできそうだから・・・」
経営者なら、その答えのみで、投資しているのです。

では、なぜ、「投資したら、その分稼いできそう」と思わせる(錯覚させる)ことが、
できたのでしょうか? 

それは、ボストン留学前の2002年8月1日から、
2004年3月27日までの約20カ月に、答えがあります。

BOSSが、「年間12棟取って、他の時間はノウハウ作りを手伝って」といったので、
私は、年間16棟とって他の営業支援を行い、


そしてセールスに関する全てのノウハウを生み出しました。


BOSSが、「ブログを書いてよ」というので、
私は、ブログとメルマガと、FAXレターと、ニュースレターと、小冊子を引き受けました。


BOSSが、「いつもやっている住宅セールスの方法を、小冊子にしてよ」というので、
私は全ての資料をかき集めて、小冊子と同時に、1冊の本(ナツメ社 家づくり革命)を書きあげましたた。


つまり、日々BOSSに与えられた仕事に対し、
その都度、付加価値を10倍つけることを目標とし、結果を出し続けてきたので、
私は、BOSSに、「ERICを、ボストンに行かせたら、何かあるかもしれない・・・」と、


錯覚させることに成功したのかも知れません。


これが真実なのです。
忙しい人のところに、更に仕事は集中し、
その人は、更に成長していく。


世の中の仕組みです。


それでは、今日も、バリバリ、付加価値10倍つけて仕事をして、
オーナーを、儲けさせてあげましょう。

お互い頑張りましょう!

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2002/10/15(火) 09:18:54|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。