1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8.【重要】 中小企業経営者に、足りない、2つのものとは?


こんにちは。
株式会社エル書房、出版マーケティング・マネージャー、
株式会社インプロビック専務取締役のERIC AMIKURAです。


1996年4月、私の社会人生活が、始まりました。


私が社会人で初めて、入社したのは、積水ハウスという会社です。
そのころ、既に1兆2千億くらいの売り上げがあった、大きな会社です。


私が、積水ハウス時代のことを、
頼まれて講演するときに、よく言われるのは、

「積水さんでしたら、簡単にお客さんも、集まるでしょうし、多くの情報が、集まりますね」
ということでした。 

1996年、私が入社した時には、そうでした。
しかし、今、私はそのようには、まったく考えていません。

実際、大企業も、お客さん集めに、かなり困っていますし、
最新の情報も、昔ほどは持っていないように感じます。


では、1996年から、ここ13年の間に、何が変わったのか?


その答えは、一言でいえば、
「インターネット」ということになります。

2002年8月、
私は、7年の積水ハウス勤務を終え、私のBOSS平秀信がオーナーのエルハウスに転職しました。


びっくりしました。


いきなり初日に、自分用のPCを、与えられたのです。
しかも、東芝のノートパソコンで、当時としては、最新機種でした。


平は、創業2年ほど、決してお金が有り余っていた時期では、ありません。


でも、当たり前のように、最新機種のパソコンが、
私のディスクには、置いてありました。


わずか、1日前まで働いていた、
積水ハウスでは、社員5人で一台のパソコンを、共有していたというのに・・・。
(共有が嫌で、私は、自分自身で購入したパソコンを、使っていました)

つまり、インターネットによって、
私は、大企業も、中小企業も、基本的には、変わらなくなったと、
考えています。


かえって、持っている情報は、中小企業のほうが、持っていますし
(マインドマップ、フォトリーディング、サイグラム、英単語記憶ソフトV6などは、大企業の人は、役員クラスでもしらない)、

その情報を発表する場も(ブログや、SNSなど)
中小企業の人のほうが、活用しています。


つまり、あなたが、吸収するべき、情報、コンテンツは、
そして、それを発表するための場所は、大手企業より、あなたのほうが、すでに手に入れている、
というのが私の考えです。


でも、やはり、今でも、
「大手だから、お客さんがきますよね」
といわれる。そこで真剣に考えてみました。


大企業にはあって、中小企業経営者に、足りないものは、一体なんなのか!!


その答えを、私は、「権威性」、「社会的証明」の2点だと考えました。
そして、その中小企業経営者の方が、唯一足りない、「権威性」「社会的証明」を、
一瞬で、解決するのが、あなたが出版し、著者になることだと思うのです。


※株式会社エル書房では、経営者が話すだけで、
本を出版できるシステムを提供しています。 

あなたのしゃべったことを、本にするエル書房に、一度相談してみてください。

http://www.lshobou.com/contact/
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/04/01(火) 10:20:50|
  2. 【無料】お金をもらって集客する方法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。