1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12.他人を批判ばかりして、後悔している方へ

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


経営者は、
事業に対し、全ての責任を取らなければならないので、

物事に対する結果の原因を、自然と、
自分自身に求めようとする。


それに対し、サラリーマンは、
お気楽で、すぐに人のせいにする。


サラリーマンがお気楽か?
どうかは、また別の機会に論じるとして、

私も、同じサラリーマンとして、このようにステレオタイプ的に言われる事には、
とても悔しい思いを過去にしました。

がしかし、
サラリーマンは、驚くほど、「結果の原因」を自分以外のものに、
しているケースが、多いのも、


事実のようです。


それは、社長のせい、部長のせい、課長のせい。
環境が悪い、お客が悪い、集客がない。

とにかく、自分以外の


人、もの、状況のせいにするのが、得意なのも事実のようです。


しかし、これでは、
多くの方が既に気がつかれているように、

どんなにビジネススキルを学んでも、
ビジネスノウハウを実践しても、

このような「自分以外に依存する」この考え方が、成長を阻害し、
ビジネスで結果を出すことから、遠ざけるのも仕方がないのかもしれません。


私は、この多くのサラリーマンの方が持っている習性を、
私たちは逆に利用すれば、良いのではないか? 
とある時から思うようになりました。


通常、「他人を批判する」ことは、良くないことだと、言われます。
他人のせいにしていると、自分自身の成長はないと、言われます。


しかし、過去に「批判してしまった」ことは、仕方がありません。


なぜなら、私たちは、もう過去には、戻れないからです。
戻れないものを嘆いても仕方が無いので、批判してしまった過去を、
逆に活用すれば良いのです。


実は、サラリーマンは、他人と勝負する必要は、ありません。


あなたが勝負しなければならないのは、
あなたの社長でも、上司でも、ライバルでもないのです。 


そうではなく、
あなたが勝負すべきなのは、


過去、自分自身には甘く、他人に厳しく批判していた、あなた自身と


勝負すれば良いのです。

5年前、10年前のあなた自身が、批判していた、
社長、部長、課長に、今現在あなた自身が、なっているかもしれません。


5年前、10年前のあなた自身に、非難されないように、
あなた自身が日々精進すれば、驚くほど、ビジネスに対する
「考え方」が変わってくるかもしれません。


あなたが過去に、上司にとって、生意気で、口だけの可愛くない部下であればあるほど、
今のあなたにとっては、


その頃のあなたが、良い監視役になってくれ、
厳しく今のあなたを育ててくれるはずです。
※ すばらしい!


「サラリーマンは、過去の自分と、常に勝負する」
という考え方、お勧めしたいです。

それでは、今日も、バリバリ仕事をして、
オーナーを、儲けさせてあげましょう。

お互い頑張りましょう!

スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2002/12/17(火) 09:46:45|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。