1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

14.本を出版して、貧乏になってしまった人々・・・

こんにちは。
株式会社エル書房、代表取締役1円社長、
株式会社インプロビック専務取締役のERIC AMIKURAです。


「あなたが、あなたの商売のために出版し、著者になる、ビジネスモデル」


実は、このビジネスモデルは、
儲からない事が、極めて難しい、ビジネスモデルです。


今の段階では、私は商売人が今すぐ、TRYしていただきたい、
「究極のビジネスの裏ワザ」
だと考えています。

どう転んでも、著者は有名になってしまいますし
(地方都市にお住まいの人ほど、有利です)、


お客さんは、あなたのことを、
本を出版する前の10倍の評価をするようになります。

地方都市であれば、
新聞記者から「先生」と呼ばれ、今まで見向きもしなかった、

銀行や、市役所や、医者が、あなたの話を聞きたいと、
群がるようになります。


本を出版することで、広告費が削減され、
「お金をいただいて、集客する」
事が出来るようになります。

しっかりと、マニュアルを読み込むことで、
投資が確実に、リターンされ、

出版は、あなたのビジネスを、
次の成長カーブを作ることができる段階へと、導きます。


ただし、私が、あなたに、一つだけ、お伝えしておきたい
「落とし穴」というものが、あります。


しかし、大丈夫です。


それらは、
「本を出版して、貧乏になってしまった人々」
のケースを、よくよく研究することで、回避することができます。


彼らの共通点。


それは、完璧主義者であることです。
もし、あなたが、商売人ならば、本を商売以外のために、出版してはいけません。


村上龍さんや、村上春樹さんに、
ライバル心を、もやしても、あなたは文章力や、良い本だから言う理由で売れる部数を、
絶対に追い抜くことはできません。

しかし、本を出版して貧乏になる人は、
時間と労力の全てを本にかけてしまうのです。


中小企業の経営者は、
ある意味、医者、弁護士、コンサルタントなどと同様、
自分自身の時間を切り売りして商売している方が、多いです。


つまり、本を書くことに、時間を取られ、働く時間が少なくなれば、
その分、本業の稼ぎがすくなくなるモデルになっている方が多いのです。


本を書くことに、
半年も、1年もかけ、


本業の売上、利益がさがり、ニッチもサッチモいかなくなる。


これが、「本を出版して、貧乏になってしまった人々」
の共通点です。

あなたには、そのようには、なっていただきたくないのです。
商売人は、あくまで、本業で稼ぐ。


そして、次のステージのための投資として、
「本の出版」を活用する。


もし、あなたが、今年出版を考えているならば、
今年の売上目標、利益目標を上方修正しましょう。


そして、その分を、本の出版に投資しましょう。


ぜひ、TRYしてみてください。応援しています。

※株式会社エル書房では、経営者が話すだけで、
本を出版できるシステムを提供しています。 

あなたのしゃべったことを、本にするエル書房に、一度相談してみてください。


スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/06/21(土) 06:47:32|
  2. 【無料】お金をもらって集客する方法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。