1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16.BOSSと、頻繁なコミュニケーションが必要になったら、おしまい


こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


私は、中小企業のサラリーマンという立場では、
おそらく、日本で一番、日本全国の経営者と経営幹部の関係を、見ていると思います。


そのような経験から、気がつく事があります。


それは、
「経営者と経営幹部の関係性が、その会社の業績の全てを決める」
と、言うことです。

「経営者と、経営幹部の考え方、コミュニケーションが、その会社の全てを決める」
と言っても、過言ではありません。


ですから、経営者と経営幹部の関係性、またどのようなコミュニケーションを、
普段からしているのか? 


を、お互いが意識化しておくことは、非常に重要です。


「経営者と、経営幹部は、コミュニケーションをしっかり取って、事業を回していくべき」
という考え方が、あります。


しかし、この考え方の背景にある考えは、
「経営者には、経営者の考え方、経営幹部には、経営幹部の考え方があり、
お互い意見は違うものなので、しっかり考え方をシェアするべき」
このようなものだと思います。


しかし、このような考え方は、逆にいえば、
・しっかり、コミュニケーションを取らなければ、相手の考えがわからないほど、
相手の立場で物事を考えていない

・しっかり、コミュニケーションを必要な程、お互いのビジネスで目指すべき、
方向性が異なる

ということにも、なるのだと思います。


お互いが、コミュ二にケーションを取る事は、非常に重要です。


しかし、これが、無意識で、行われると、
・相手が何を考えているか? を日頃から考える努力をしないために、
・会社としてのビジネスの方向性を、自分自身で考える事を、怠るために、


実は、コミュニケーションに逃げているという「罠」に、
陥っている可能性があります。


今現在、私は、
「仕事をするときは、プロフェッショナルでありたい」
いつもそのように考えて、仕事をするように、なっています。


また、立場的にも、自分自身で、BOSSが何を考え、ビジネスを回しているのか? 
また、そのBOSSの考えは、本当に、会社としての目標を達成する、最善の手段なのか? 
を考え続けないと、組織が成り立たない役割を背負っています。


もし、私が、普段から、コミュニケーションを頻繁に取らないと、
BOSSの考え方がわからない程の観察力、想像力しかないとすると、


それは会社を、去らなければならない時なのです。


特に、このような考え方は、
30歳を過ぎた、あるいは、5年目以上のビジネスマンには、
お勧めしたい考え方です。

それでは、今日も、バリバリ仕事をして、オーナーを、
儲けさせてあげましょう。


お互い頑張りましょう!
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/04/09(金) 06:21:18|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。