1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

17.「頼む、左遷してくれ」という言う気持ちがなくなり、地位を守ろうとしたら、おしまい

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


私は、中小企業のサラリーマンという立場では
、おそらく、日本で一番、日本全国の経営者、経営幹部を、観察させてもらっている、
立場にいると思います。


そのような経験から、気がつく事があります。


それは、
「その会社の経営者、経営幹部を良く観察してみると、その会社の1年後が、わかる」
と、言うことです。


「経営者、経営幹部の仕事ぶりが、1年後の会社の業績を決める」
と言えば、当たり前のことで、ご納得いただけるかもしれません。


ですから、経営者と経営幹部が、どのような仕事ぶりをしているのか? 
そして、周りのメンバーが、その経営者、経営幹部のことを、どのように認識しているのか?
を意識化しておくことは、非常に重要です。


1年後が➘の会社の経営者、経営幹部の特徴は、
・今の事業にしがみつき、新規事業を起こさず
・過去の成功体験に、固執し、ワンパターン

・地位(肩書き)の確保に、必死になり
・優秀な人が辞め、そうでない人が会社に残り


つまり、変化に臆病で組織が硬直化するのです。
 反対に、1年後が、⇗の会社の経営者、経営幹部の特徴は、全く逆なのです。


この相反する考え方の差は、どこにあるのか?


分岐点は、どこになるのか? というと、実は、
事業がうまくいっている時に、あります。


前者は、天使のサイクルで良いときに、現状に満足し、悪魔のサイクルを呼び寄せ、
後者は、天使のサイクルで、良い時こそ、更なるチャレンジに絶好の機会だと、
思うのです。


※ イチロー選手が、気持ちの整理に、最も大事にしているのは、5打数5安打
(つまり絶好調と、他人が評価する成績の時)の時だそうです。
その時彼は、この数字は無い物として、次にチャレンジしようと、思うそうです。



 自分の実力以上の何か? を与えられた時、
これは、私たちサラリーマンの「罠」ですので、無意識に前者のような傾向性がある人は、
しっかり、意識化して、注意しておく必要があります。


なぜなら、このような事を繰り返していると、
次第に、悪魔のサイクルに陥っていくからです。


今現在、私は、立場的にも、
会社が目指す「目的」から、自分自身で「目標」を設定しなければ、
組織が成立しない役割を背負っています。


もし、私が地位に満足し、化を起こさないとすれば、
それは会社を去る時なのです。


「俺は新しいことにチャレンジする。それが、気に食わなければ、いつでも左遷してくれ」
こんな考えで仕事をする位がちょうど良いのです。


特に、このような考え方は、30歳を過ぎた、
あるいは、5年目以上のビジネスマンには、お勧めしたい考え方です。


それでは、今日も、バリバリ仕事をして、オーナーを、
儲けさせてあげましょう。


お互い頑張りましょう!


スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/04/10(土) 06:24:26|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。