1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外秘話 ビジネス風 北風と太陽の話


いつも、ありがとうございます

株式会社インプロビック、専務取締役、
ERIC AMIKURAです



先日は、
成功し続けている経営者の特徴の一つについて、
お話しました。

「海外に出かけて行き、学び実践すること」


今日は、
ビジネス風、北風と太陽のお話をしたいと
思います。


ビジネス風、北風と太陽
とは、何か?


たとえば、
私は、先日、「ロサンゼルスマラソン」に、
出場してきたのですが、

このマラソン大会は、
他のマラソン大会とは、盛り上がりが、全く違うのです。


多くのマラソン大会では、
観戦している人は、
「頑張れ~」とか、「ファイト」とかの掛け声を、かけてくれます。


しかし、ランナーが、
「ありがとう!」、「頑張ります!」、「嬉しい!」
という、お礼をするような場面は、ありません。


多くのマラソン大会では、
ランナーは、ただ黙々と、走るだけなのです。


しかし、「ロサンゼルスマラソン」では
ランナー自身が、

「ありがとう!」などの言葉を、自らの意思で、笑顔で返す
ランナーが多い、大会なのです。


私自身も、ついつい、
「ありがとう!」と、笑顔で、答えたり、
「握手」をしたり、
「ハイタッチ」をしたり、

今までは、
なんとなく、恥ずかしくて、出来なかったことも、
自然と、声に出したり、ボディーランゲージを行ったり、したのです。


そして、観戦している人たちの掛け声だけではなく、
ランナー自身が、その掛け声に、反応し、お礼をいったりするので、


大会自体が、すごく、良い雰囲気で、
盛り上がるのです。


では、他の大会と、「ロサンゼルスマラソン」の違いは、
一体何なのか?


逆に言うと、
どのようにして、大会関係者は、大会を盛り上げるために、

ランナー自身が、
嬉しくなるような、思わず、

「ハイタッチ」をしたくなるような、仕組みを
つくったのか?


海外に言った時は、このような海外のビジネスの仕組が
かなり、勉強になるのです。


大会関係者は、
なにも、

ランナーに、
「観戦者の掛け声に、笑顔で答えてください」
とか、


「ハイタッチでかえして下さい」
とか、言っているわけでは、ないのです。


もちろん、大会関係者は、
観戦者に、
「いつもより、大きな声で、フレンドリーに、声かけをしてください」
などと、言っているわけではありません。


そのように無理やり、言わせている(北風)のではなくて、


ついつい、そのようにしたくなる、
思わず、そのようにしたくなる、


ポカポカの太陽に、
思わず、服を脱いでしまいたくなるような、
「仕組み」を、作っているのです


その仕組みは、実は、すごくシンプルです。


ゼッケンに、ランナーの名前が書いてあるのです。


私も、100回以上、
名前を、呼ばれました。

名前を呼ばれて、励まされることで、
グレイト! と、声かけされることで、


ついつい、笑顔に、なってしまうのです。。


何かの目的を、達成したい時、
方法は、一つでないことを、この事は、教えてくれます。


つまり、今回の場合でいうと、
大会を盛り上げるための手段が、

ゼッケンに、ランナーの名前を、観戦者が読めるくらい、
大きな文字で書くことだったのです。


今現在、私は、
「ふれなび」という、一般消費者と、中小企業の出会い系ビジネスの
骨格を作成しています。

そして、どのように、出会うのか?
と言う時に、


このゼッケンの名前を書く、「仕組み」
が、既存のビジネスモデルをかえ、


かなり、役に立ったのです


「ふれなび」については、また、
このニュースレターで、最新情報を、お届けします。

お役にたてれば、幸いです。


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/04/17(土) 04:15:18|
  2. 現在

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。