1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

39.「物売り」は、「契約前のお客さんばかり大事にし」単発仕事だが、「先生」は、「契約後のお客さんを大事にし」紹介・口コミを獲得する

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


怒りに満ちたお客さんが、
必ず口にする言葉が、あります。

売れない営業、クレームの多い営業が、
必ず口にされる言葉があります。


「契約前は、一生懸命何でも、してくれたのに、契約後は何もしてくれなくなった」
これが、まさにその言葉です。


物売り」は、
無意識に、日々目の前の契約ばかりを、追いかける傾向があります。

彼らは、契約前のお客さんの機嫌を取ることに、熱心です。
そして、多くの場合、次のようなパターンを踏むのです。

1.お客さんの感情を無視した、営業の都合で、販売を開始します。
2.営業の都合で販売をするので、どうしてもお願い営業になります。

3.使う言葉が、お願い系のものや、おべっか系のものが、多くなります。
4.お客さんの依存系のわがままも、多く聞き入れるようになります。

5.提案は次第にすくなくなり、お客さんの良いなりになる、楽な道を無意識で選択するようになります。
6.契約のために、お客さんに会いますが、だんだん、お客さんと会うことが苦痛になります。

7.お客さんと契約が済むと、苦痛は一気に頂点に、会いたくなくなります。


このような悪魔のサイクルに陥ります。


そして、契約前に、さんざんわがままを聞いてくれた「物売り」の豹変した態度に、
お客さんは、怒り狂うことになるのです。


反対に、「先生」は、契約後のお客さんを、大事にします。


なぜなら、このお客さんなら、
一生涯付き合うことができる人ということを、先生自身がコミットメントして、
契約をするからです。


そして、契約後、先生は、

1.更にお客さんに、先生の持っている、知識・知恵を、渡します。
2.ドンドンお客さんは、先生の商品・サービスを使って、成功を収めて行きます。

3.先生は、そのお客さんが、成功を収めていくその状況を、まだ契約する前のお客さんに、実況中継するのです。4.実況中継された契約前のお客さんは、契約後の自分の姿を見て、貴重な知恵に気づき、行動したくなります。

5.行動したくなったお客さんは、質問を先生にするようになります。
6.契約後のお客さんは、更に先生の商品・サービスを使って成長し、契約前のお客さんの講師に、
なってくれるような人も、あらわれはじめます。

7.先生は、契約後のお客さんの成長のために、行動すればするほど、
契約があがる仕組みを作ることが出来るのです。


物売り」と「先生」では契約前と、契約後のお客さんに対する行動が、
全く異なります。


それでは、今日も、バリバリ仕事をして、オーナーを、儲けさせてあげましょう。
お互い頑張りましょう!
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/06/07(月) 05:41:46|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。