1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

42.「物売り」は、「お客さんに、紹介して下さい」とお願いするが、「先生」は、「お客さんに、あの人も見てもらえますか?」と、頼まれる

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、ERIC AMIKURAです。


1.新規のお客さんを集める 
2.お客さんに繰り返し買ってもらう 
3.お客さんに購入単価を増やしてもらう。

私たちが、売上、利益を上げて行くうえで、これらの事は、
基本で重要なことです。


3つの中でも、今日は、1.新規のお客さんを集める 
こちらでの「物売り」と「先生」の違いを、ご紹介したいと思います。


 中小企業に、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)が浸透し、
多くの経営者の方の広告、レターが、飛躍的に進歩しました。


 新規のお客さんを、獲得するために、
1.ミニコミ誌3行広告 
2.チラシ 
3.PPC広告 
4.ブログランディング 
5.投げ込み広告 

などなど、無料のオファーとコピーを駆使し、知恵を絞ることは、
飛躍的に進歩してきました。


私のDNAは、新卒社会人生活が7年であるため、大企業からもらったものが、
多いのですが、

まだまだ、遅れていると考えているスキル・ノウハウの一つに、
「紹介による新規のお客さんの獲得」というものが、あります。


紹介による新規のお客さんの獲得のために、「物売り」は、「紹介してください」
と言う言葉を使います。

※実際には、紹介してくださいと言う言葉さえ、言うことができず、
紹介による新規のお客さんの獲得が出来ていない人がほとんどなので、
まだ「紹介して下さい」と言う言葉を使ってのTRYは、まだ良い方なのです。


しかし、「先生」は、お客さんに、
「私の友人も見てもらえますか?」、
「私の友人にも、NLを配って良いですか?」

と、言ってもらえるような、活動や、このようになる仕組づくりを、
忍耐強く続けます。


たとえば、紹介する側のお客さんの立場になってみると、
紹介することは、自分の大切な友人、知人を、教えることになるので、


「もし、余計なことをしてと、迷惑がられたらどうしよう」
という不安が、いつも付きまといます。


このような不安を解消するために、
たとえば、先生は、紹介してくれるお客さんと、紹介されたお客さんに、
同じ情報誌(ニュースレター)を配るのです。


そして、
「ご紹介いただいた、お客さんに、このようなニュースレターを、お届けしますね。
同じものを、お届けしますので、ご安心ください」
とか、

「同じものをお届けしますので、ご紹介いただいた方の悩みや不安なところなど、
お聞きになりましたら、お役に立てればと思いますので。また教えて下さいね」
とか、


声がかかる仕組みを作っておくのです。


それでは、今日も、バリバリ仕事をして、オーナーを、儲けさせてあげましょう。
お互い頑張りましょう!
スポンサーサイト

テーマ:専務ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/06/30(水) 05:22:52|
  2. 【無料】サラリーマンは馬鹿?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。