1日4時間で3倍の成果を上げる方法

集客、営業、社員教育

鬼軍曹 絶対他の人には、教えないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ERIC AMIKURAの血肉

いつも、ありがとうございます。

株式会社インプロビック、専務取締役
ERIC AMIKURAです。

今日も、お仕事、お疲れ様です。



10日の「営業社会心理セミナー」無事終了しました。
今回も、実践熱心な方が、多く参加いただきました。

「すぐ使える。すぐに、帰って、実践したい」
と言っていただく方が、今回も多かったので、
うれしかったです。


最近、よく聞かれる質問の中に、
「網倉さんのセールスノウハウのバックボーンになるものは、
なにですか」

というものが、あります。
今日は、そのバックボーンについて、お伝えします。

ネタばらしをするようで、恥ずかしいのですが、
参考になるところがあれば、是非、参考いただき、
実践いただければと思います。



私のバックボーンは、
・基礎スキーで、心と体のつながりを学び、
・社会心理学で、心理学の理論を学び
・株式会社積水ハウスの社員教育で、世の中の理不尽さを学び

・株式会社積水ハウスで、高額商品を販売実践し、
・ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学び
・株式会社エルハウスで、ローコスト商品の販売を学び、

・サイグラムで、人の活躍できる秘密を学び
・100キロマラソンで、チャレンジする喜びを学び
・株式会社インプロビックで、チームメンバーを活躍させる方法を学び

このあたりが、バックボーンになって、
いつも、文章を書かせていただいたり、
セミナーでしゃべらせてもらっています。



実は、
今、新刊の原稿の最終の詰めをしています。

今回の本は、
セールスの本と、マネジメントの本の2冊。

どちらも、今までの平秀信グループの本には、なかった、
カテゴリーの本になりますので、

違った意味で、また、楽しんでいただける方も、
多いと思います。


とくに、マネジメントの本は、
平秀信が、どのように、

私ERIC AMIKURAを活躍させているのか? 
他の社員を活躍させているのか?

どのように、10才も、20才も、年齢の違う、
若者に、未来をみせ、
彼らを、内発的動機で、輝かせているのか?


「社員は奴隷だ!」
なんていいながら、なぜ、何人も活躍する
社員が生まれているのか?

※社員は奴隷だなんて、絶対に、言わないでください。
普通の社員であれば、会社を辞めてしまいます。
とくに、0.2秒で決断される行動パターンの方は、
本を読んでからの実践を、お願いいたします。


その辺りを、詳しく解説し、
株式会社インプロビックの事例も、多く出てきますので、
お役に立てる方も、本当に、多いと思います。

楽しみにしていてください。


実は、著者名を出すことは、ここ何年も、
断ってきました。

しかし、のんびり屋の私も、

「いい加減にしてください」
「網倉さんが、書かないと、いつまでたっても、私たちが、デビューできません」

という、部下の押し上げに、耐えきれず、
とうとう、重たい腰をあげました。

チームメンバーの、新たな活躍の場を作り出す意味も込めて、
がんばって、新たなるアウトプットのステージに
身を置きたいと思います。


日々実践している
コミュニケーションスキルを、ご披露したいと思います

楽しんでいただければ、幸いです


株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

追伸
さて、私が、
日々活用、実践している、数多くの
コミュニケーションスキルの中で

サイグラムと社会心理学は、本当に
私の人生を、豊かに、輝かせるために、

部下に活躍の場をあたえ、上司に試練をあたえ、
ともに、チームとなって、やっていくのに、
役に立っています。

どちらかというと、やはり、私には、人を見る目も、
才能もない方なので、このようなスキルは、
同じような境遇であり、

かつ、多くの部下や関係者の方を
活躍させたい、光輝かせたいとお思いの方に、
お勧めしたいです。

このような武器をお持ちいただき、
実践していただければ、

あなた自身が、活躍できることは、もちろん
多くのお客さんに、喜んでいただけると、
思います

もし、まだ未受講の方がいたら、
ぜひ、お勧めしたい、講座です。

お役にたてれば、幸いです

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/06/12(金) 08:52:23|
  2. 過去

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。